我流!子育て繁盛記

音楽の話、愛娘達の話、日々のひとりごと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

季節ものCM

世間は春休み。つまり学生さんは新年度に向けて、新たな気持ちになりつつある時期。または、受験に失敗し、来年こそは!と気合いを入れているであろう時期。ということで、この時期は、教育関係の広告出稿が増えるわけです。TVCMでも予備校関係が目につきますね。

僕も昔はTVっ子で、CMも大好きで、出演者がカワイイとか、ストーリーが面白いとか、音楽が良いとかで、ひょっとすると、番組以上に観てたかもしれません。しかし、媒体は違うとはいえ、広告の仕事をしているせいで、見方がすっかり変わってしまいました。

当たり前ですが、広告には広告主の意図があるわけです。単純に商品名や企業名を覚えてもらいたいとか、企業イメージを作りたいとか、店に来て欲しいとか、その時の広告主の意図によってそれは様々。どうしても作り手の立場で、そのCMがどうやって出来て、どんな意図を伝えようとしているのかが、気になってしまうのです。

そこで、最初の話に戻ると、最近の予備校のTVCM。これがなんとも鼻につく。広告主=予備校の一番の意図は、当然沢山の生徒を獲得したい。これですね。僕らが学生の頃は、ほとんどが、「ウチの予備校に来たら良い先生が一所懸命教えるから、キミらも苦しいけど頑張れ」みたいな感じだったと思うんですが、今流れてるのは、大手予備校ごとにそれぞれ多少路線が違うものの、全体的に軽い。「さぁキミも我が予備校へ来て、素晴らしい予備校ライフを満喫しよう」ってな感じを受けるんです。

少子化で生徒の取り合いとなり、浪人生だけでなく、現役生も呼び込まないといけないせいもあるでしょうが、宇宙船に乗ってたり、学校名と予備校名をくどくど連呼したり、そんなCMで「俺もこの予備校に行こう」って思うんでしょうか?それが、何社か代理店が企画書書いて、プレゼンして苦労して出来たもののはずなのに、うーんって思っちゃうんですよね。

まぁCMだけで、予備校の全てを伝えられる訳がないので、とりあえず名前と、CMでのイメージを植え付ければ良し、としてるんですかね。浪人が当たり前で、どこの予備校に行ってたかが話題になるような時代に変わってしまっているのかも知れないですが、なんとも。

ちなみに、同じ目線で消費者金融のCMを見ると、「ご利用は計画的に」とか「あなたのことを考えて」てなフレーズが並びますが、
「計画的なヤツが、消費者金融でお金を借りるかぁ!」
「借りる人の立場に立って、その高い金利の商品を勧めるのかぁ!」
と毎回ツッコミを入れるのは、私だけでしょうか。

ま、消費者金融に限らず、金融関係のCMは、黒いお腹が見え見えで、嫌気がさしますけどね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pentatonic.blog26.fc2.com/tb.php/97-249940b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。