我流!子育て繁盛記

音楽の話、愛娘達の話、日々のひとりごと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

深夜の製作

幼児向け雑誌にも色々とありまして、(出版社は学習絵本と呼んでるみたいですが)
年齢に応じて、小学館なら「マミイ」「ベビーブック」「めばえ」「幼稚園」とあり
我が家の娘も毎月ばあばに買ってもらってまして、只今「めばえ」世代。

この手の本には、付録が付いておりまして、これが結構面白い。
かれこれ3年近く、毎月作ってますが、今までに「洗濯機遊び」とか「レジごっこ」とか
「お医者さん遊び」とか市販のおもちゃを紙で作った版、みたいな感じで
手が込んでいて、よーく考えられているのです。
立方体以外の立体の作り方なんか、いたく感心しますし、なにより、これを雑誌サイズの平面の中にレイアウトして収める能力は、芸術的であり、感動モンです。(言い過ぎ?)

ま、たいがいの親御さんは、ミシン目を手でビリビリっと破りつつ、
さくっと作ってはると思うんですが、ボクは違うのです。
そこはやはりガンプラ世代。
「バリ」を残さないように、はさみで切り、なおかつ再度バリ取りをしたり、つなぎ目の差し込みも、すぐに壊れないように、貼る指示がないところまで(9割方指示が無く差すだけなんですけど)セロテープで補強。曲面に貼る場合は、しわが寄らないように、テープに切り込みを入れたりと、
まさに、ガンダムの目を面相筆で手をプルプルさせながら、塗り分けたあの感じなのです。

だから作るのにめっちゃ時間がかかる。横で娘がうろちょろしても気が散るので、
「ねんねした後で作るわな」と娘に言い聞かせ、夜にせっせと作るのです。

妻はあきれ顔でいつも見ていますが、違うのだ!
将来、娘達が親となり、子供に付録を作る時、
「そういえば、私が作ってもらってた時は、もっと頑丈で、キレイやったなぁ…」
と、気づく時がいつか必ず、
多分、
ひょっとすると…
うまくいけば?来るはずなんです。
そしてその時に父親の大きな愛情に気づき、感動する
かなぁ?

なーんて、長期的野望を胸に、父は今日も夜なべをするのでした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pentatonic.blog26.fc2.com/tb.php/8-4d7895eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。