我流!子育て繁盛記

音楽の話、愛娘達の話、日々のひとりごと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスマスはきらい

今日はイヴでしたね。
我が家も何の宗教的理由もなく、世間並みにということで、今娘達の枕元にはブツが置かれています。

結局、両祖父母から、更にはお隣のおばちゃんからまで、プレゼントを貰った我が娘達。
あまりに高価なおもちゃが一気に増えたので、サンタさんにお手紙でお願いしたプレゼントもあるし、我々両親からのプレゼントは「無し」、ということで落ち着きました。

今年のケーキは近所で調達して、その分夕食を夫婦二人がかりで気合いを入れて作りました。何故か食後はパパのミニライブになって…まぁ楽しい一日でしたよ。

もちろん、子供達が昼寝をした隙に、クローゼットの中に棚を作ったり、コンクリートを練ってブロックの穴埋めをしたりと、少しずつ前進してますが、穴埋めはバケツで練っているせいもあり、いつまでかかるのやら…気が遠くなってきました。違うやり方を考えねば。

しかし、クリスマスって何の日かと子供に教えたところで、今までもそうだったのかどうかわかりませんが、子を持つ親としては、とにかく子供のために金を使わせようとする商売気ばかりが鼻につく感じなんですよね~。日本の昔からのイベントは、ちゃんと意味があるので、その日の意味を考えつつ過ごせるのですが、今日の日はどうもねぇ。

ま、20代の頃はそうと知りつつ、この日にあやかって楽しく過ごしてきたので、説得力がないのですが…無くせるものなら、無くしたい日ですね。プレゼントなんて誕生日でも貰えるし、モノ以外で子供に愛情を表現する事なんて、他にいくらでもあるもんねぇ。
もちろん、クリスチャンはこれからも祝って下さいな。十二分に意味のある日ですから。
スポンサーサイト

コメント

アメリカでは近い時期にサンクスギビングもあるので、年末に無理して散財して、支払いは年を越すのが最近は当たり前。それでも翌年の春でもまだ支払い終了せず、みたいなケースが増えつつあるようですな。
消費型経済循環の子羊たちよ、アーメン!てな感じですな。

意外というか、驚くべきことに、クリスマスは「キリストの誕生を祝う日」であっても、キリストの誕生日じゃないのですってね。
キリスト教が、ある他宗教の地域に進出するにあたって、その地元古来の儀式の日程と一致するように、キリスト誕生祭の日を移動させたのだそうで。
人気獲得の為には柔軟だったんですね、当時のキリスト教。

じゃあ、キリスト教でない方の元来の儀式とは何だったのかと言うと、「冬至のお祭」だったそうです。
「そろそろ日照時間が長くなり始める!寒くてツライ冬が終わりに向かう!」ということを祝う祭だったのだとか。

そう考えると、我々でも、軽くお祝いしてもええかな、という気にもなれますよね。
ヨーロッパほどではないにしても、「これから日が長くなって、春に向かう!」と思うと、なんだか嬉しいし。
温暖化の影響で、そのありがた味も減ってますけどね・・・

いずれにせよ、バレンタインにしてもクリスマスにしても、人の気持ち以上に商業主義まみれの部分が鼻に付くのは、ウンザリしますね。
その商業主義の流れの中で、我々全員が生きる糧を得ているのも事実なんですが・・・
長文失礼!

  • 2007/12/25(火) 18:56:12 |
  • URL |
  • オオタ #-
  • [ 編集]

なるほど誕生を祝う日だったんですか。ひとつ賢くなりました。

日本人に限らないんでしょうが、一般的にはイベントなりの理由付け(言い訳)がないと、消費行動を起こさないですもんね~。でも、ここまで毎月の様にイベントを無理矢理つけられると、うんざりしますわ。

イベントに後押しされずとも、必要なときに必要なだけ、で、たまに必要以上に消費したりもする。そしてそれが自身にも返ってくることを理解して生活する人が増えれば良いんですけどね。

  • 2007/12/25(火) 20:44:16 |
  • URL |
  • ふれでぃ #LYbQO2Mg
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pentatonic.blog26.fc2.com/tb.php/394-4f3742bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。