我流!子育て繁盛記

音楽の話、愛娘達の話、日々のひとりごと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

予想通りというべきか

今日は仕事の合間に以前から気になっていたGuitar art'sというアコギメインのお店に行ってみた。ちょうど得意先の近くやったしね。

ネットで見ていて想像はしていたけど、中心価格帯は20万前後。普通に100万アップのビンテージも置いてある。ついでにCDやチラシが置いてあったので聞いてみたら、大柴くん行きつけのお店だとか。いやいや世間は狭い。

そんな店で「5万以下でまともなアコギ下さい!」というのも気が引けたので、10万まででレコーディングにつかえそうなのを探してるんですが…と、気弱げに聞いてみた。逆の立場で、10万以下でまともなエレキ下さい。と聞かれたら、「無い!」って答えるもんね。

今回の本命で値段的にも手頃なヤマハのFGはどうですか?と聞くと、うーんと言うお返事。合板ギターの割には良いとか、ノスタルジー的な人気やからねぇ、値段的にも初心者の人にならお勧めするけどね。と、一番メジャーな赤ラベルのFG-180を弾かせてもらう。

確かに音はデカめやけど、単音フレーズを弾くとサスティンがイマイチ(これは腕のせいか?)、コードもバランスや分離感という点ではイマイチ。ゆえに僕もうーんという顔で弾いていると、こっちの方がオススメと66年製エピフォンのFT-30 Caballeroというのを出してくれた。

弾いてみたらええ感じ。小振りなボディなので、音量は小さめやし、オールマホなので、多少ハイが弱いというか丸い音やけど、オールドらしく乾いた音。弾き込んだらもっと鳴りそうな感じ。コードのバランスや、リードも行けそう。いい意味で、ウクレレに鉄弦を張った感じというのがぴったりに思えました。これで税込み7万ジャスト!安い!けど高い…

当時のエピフォンはギブソンと同ラインで作ってたんやもんね。帰って調べたら、ギブソンではLG-0というモデルにあたるらしい。カジノに対する330みたいなもんか。これがええのかなぁと思いつつ、ヤマハのL-10も弾かせてもらいました。お店の方曰くヤマハらしい音なのだそうですが、そういう意味で言うと日本人らしい生真面目で垢抜けない音でした(^_^;)やっぱりエピフォンがいいな~。ということで、即決と言いたいところですが、先立つものが無く、とりあえず取り置き(T_T)

当たり前やけど、アコギの世界はエレキ以上に奥が深いね~。10万以下で探すのが間違いやわ。で、恐らく目の前にある30万くらいのJ-45なんかを弾くと大変なことになると思ったので、ガマンガマン…


そこで、

我が家のオベーション・エリート5868-ASWを買う方いらっしゃいません?
セカンドオーナーですが、ワタナベ楽器の無期限保証書付。
スーパーシャロウボディで、カッタウェイ、エポーレット仕様。ついでにハウリング防止のゴムキャップもあります。
トップはエンゼル・ステップ・ウォルナットで、木目派にもオススメ。
92年くらいのモデルなので、そこそこくたびれていますが、6万即決です。どうでしょう?

2008年3月28日追記
現在はこのオベーションを販売しておりません。
ご了承下さいませ。
スポンサーサイト

コメント

はじめまして
オベーション、まだケースの中で眠っていませんか(^^)笑
写真、傷の状態など知りたいです

>イケダさま

コメントありがとうございます。

が、申し訳ございませんm(_ _)m
月日が経つ間に、このギターも
ライブで使うこともある様になり、現在は手放すわけにはいかない様になりました。

こちらの記事の更新を怠っておりました。
すみません。改めてメールでお詫びさせて頂きます。

  • 2008/03/28(金) 08:11:49 |
  • URL |
  • ふれでぃ #LYbQO2Mg
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pentatonic.blog26.fc2.com/tb.php/220-0e942957
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。