我流!子育て繁盛記

音楽の話、愛娘達の話、日々のひとりごと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まだ7ヶ月なのに

20051229191344.jpg


次女の玲ちゃんが最近、つかまり立ち、ハイハイを拙いながらにマスターしてしまいました。
まだ7ヶ月なのに。

普通は10ヶ月前後で出来るようになるはずなんですが、早すぎる。
当然全く目が離せなくなって、大変です。
我がCDたちが、被害にあうのも時間の問題のようで。

当の本人は、写真の通りいたって得意げですが…。
スポンサーサイト

業務完了

今日が仕事納めで、明日は職場の大掃除&納会で今年も終わりです。

挨拶回りも今年は今日の今日まで、大阪京都と歩き回って何とか終わりました。
また年明けにも行くんですけどね。

ま、挨拶といっても、「今年もお世話になりました。来年もよろしくお願いします。」というおきまりの文句。「何が?」が抜けているので、全く抽象的。
何に感謝して、何をよろしく願うのか?

しかしそれでも、具体的に何かがあったお客様はそれとして、何もなかったお客様は、それはそれとして、分かり合えて、会話が成立してしまうあたり、日本人らしくて私は好きですね、こういう慣習。

あとはプライベート用の年賀状を仕上げなくては!それと大掃除!
子育てを言い訳にここまでズルズルと来てしまいました。
いやいや今年の年末は忙しいです。はい。

がんばろ~っと。

我が家のクリスマス

20051225213928.jpg


個人的には、クリスマスはやらなくてよいのなら、やりたくないものなんですけど、
我が家の長女舞も3歳半になり、世間並みのことはしてやらないと…
ということで、この週末頑張りました。

といっても、でっかいツリーも飾らないし、プレゼントも枕元に置かず、買ったら普通に渡してしまう我が家。もっぱらクリスマスにあやかって、御馳走を食べることメインでした。

ま、御馳走といっても、幼児も食べる食事なので、子供向けに昨晩は
大量の唐揚げ&ポテトサラダ(父担当)コーンポタージュ(母担当)。もちろん全て手作り。
メインのデコレーションケーキは、親子3人でワイワイ楽しく作りました。
スポンジを焼くのは妻に任せ、私と舞はデコレーション担当。妻も含めちゃんと作るのは初めてでしたが、結構上手に出来ました。

しっかし、好きなものだと子供はめっちゃ食べますね~。
唐揚げ&ケーキは大人と同量。ペロッと。(^^;)きっと父譲り。
ま、喜んでいっぱい食べてくれるのは、非常に嬉しいものです。

とはいえ、年末のこの時期。大掃除やら買い出しやらもちょこちょことしながらだったので、かなりハードな2日間でした。
確実に平日の仕事の日より忙しい。

でもメンタル面が全然違うんよね~。あ~楽しかった。
これならクリスマスも悪くないな~。

カブトムシ

B000BX4CKU.01.LZZZZZZZ.jpg



チャーの新譜を買いにタワーへ行ったら、
試聴コーナーで隣にこんなのが並んでた↑

王様、久しぶりやね~。
学生時代にかなり笑わしてもらいました。

今回はカブトムシ!あれですよあれ。
でも訳詞の許可が下りなかったとかで、カブトムシズが初期にカバーした他人の曲をやってます。
オリジナルをどう料理するかを聴きたかったけど、しゃあないわな。
それぐらい許可したり~や、とは思うけど…

で、試聴しました。大笑い!
そして、今までのもの同様、購入には至らないねんなぁ。王様ごめんなさい。
でもやっぱり王様は上手いわ。音とかコーラスとか。

あれ?チャーの話やったっけ

疲れた~

ライブ明けの仕事の初日はいつも気分が重いんですが、
なんとか終わったな~と思っていた夕方、
共有で使っているmacの増設HDがエラーが出て認識されていない。

良くある症状なので、またかと思いながら再起動してもダメ。
HDの方をリセットしてもダメ。デスクトップの再構築をしてもダメ。
なんとかノートン上で認識してたので、チェックをかけたら、
途中で固まって、それ以降システムエラーで止まってしまう。

mac単体では問題なく動くので、どうも増設HDの方に問題があるようで。
仕事で使う写真やら、資料やら、過去のデザインデータやらをたっぷり突っ込んでいたので、ショック大。おまけにバックアップ用のHDが不安定なので、満足にバックアップも出来ていない。
これは非常によろしくない。

ほぼぜ~んぶぱぁ~。ですわ。明日もうちょいと悪あがいてみますけどね。
おかげで3時間ぐらいその作業に費やしてしまいました。

こういうのが一番疲れますね。ふ~~~。
あーどないしょ。

昨日はライブでした

昨日はアルカリムッシュ@ネガポジでした。
今年のライブ納め。

寒い中お越し頂いた皆様、どうもありがとうございました。

満員のお客様にも助けられ、かなりええ感じに楽しく演れました。
12曲1時間の演奏も、やってみたらあっという間でした。
聞いて頂いた皆様にも楽しんで頂けたのではないかと思います。
ま、私はもちろんいっぱい間違えましたけど......

バンドの音が固まってきて、演る度に楽しくなってく感じですね。
チープとはまた違う感覚で、ギターが弾けてます。
本当に感覚の部分なんで、表現しづらいんですけどね。

そこら辺の話は、いつか頭の中を整理して、書いてみたいなぁ、と思います。
まずは、もっと練習して、ネタを増やして、ギターの表現力をつけなあかんなぁと。
まだまだ頭の中のイメージを音に変換できない部分がいっぱいあって、ちょっとずつでも出来るようになりたいなと思いました。

とにもかくにも、師走の寒い週末に、大勢来て頂いて、ありがとうございました!

今日はライブです

今からボチボチとリハに出掛けます。

16時入りというのは、余裕があっていいですな。

アルカリムッシュ@ネガポジ
19:30スタートです。

皆さんお越し下さい。

ミニスカ・ロングブーツ

いやいや寒いですね。

ここ数日はかなり真冬な感じで。
街ゆく女性のミニスカ・ロングブーツの装いを見ても
そそられたりするよりは、寒いのにパンツ履いたらええやん。
と思ってしまうのは、気温と自分の年齢のせいに違いない。

ま、中には頼むからパンツを履いて下さい。という方もいらっしゃいますが…
二人も娘がいる身としては、風邪ひかんようにちゃんと服着ぃや。
と思うようになってしまいました。

それはさておき、明後日、土曜日はネガポジでライブですよ!
皆さんどしどしお越し下さいね。
熱~いライブをやりますのでな。

大変でした・・・

この週末、家族全員ウイルスにやられてました。

土曜の早朝から、長女の舞(3歳)が嘔吐を繰り返し、これはいかんと、朝から小児科へひとっ走り。
もちろん次女の玲(6ヶ月)を家に置いておく訳にもいかないので、一家総出で。
診察の結果、ウイルス性の胃炎&腸炎とのこと。嘔吐のために水分が取れず、脱水症状になりかけていたので、点滴を2本してもらいました。

大人でも2時間強じっとしているのは辛いのに、舞ちゃんよく頑張った!
と、ゆっくり褒めてやる間もなく、後は義父にお迎えをお願いして、私は友人の結婚式のため、点滴中の娘を残し式場へ。二次会まで出て(歌も歌って)、21時頃帰宅すると娘たちは寝ており、舞も嘔吐は治まり、多少の下痢のみということで、一安心。でこの日は朝早くからバタバタして、疲れたので早く就寝。

そして悪夢の日曜日の朝。
舞はおかゆ、我々夫婦は普通に朝食を取り、本来なら、家族全員で私の両親と合流して、娘たちのXマスプレゼントのお買い物の予定だったところを、舞が昨日の今日なので、私のみ買い物へ。家を出る直前の10時前に、妻が突然吐き気を訴え、少し嘔吐。その時は「うつったかな~」程度で、妻も「とりあえず、行っておいで」というので、家を出る。

両親と合流した11時過ぎに我が家から電話。妻からで「嘔吐と下痢がひどくて…早く帰って…き…。ガチャン」本当にこんな感じで電話が切れ、子供が切ったかなとも思ったものの、かけ直してこない。
これはまずいと、買い物を中止して、家へ引き返す。しばらくしてかけ直すと、妻の両親が駆けつけてくれていて、義父が病院に連れて行ってくれるとのことで、一安心。私の両親にも一旦帰宅してもらい、自分だけ妻が行った病院に向かう。

12時半過ぎに病院に到着。義父にお礼を言って、付き添いを交代。やはり点滴を受けている妻の顔色はかなり悪く、1本では落ち着かず、もう1本追加。
15時頃にやっと昼食のパンをかじりながら、私も少し体調の悪さを感じつつも、心配と空腹のせいだと思い込むようにして、点滴の終了を待つ間も、妻は嘔吐や下痢を繰り返すので、そのケア。
ようやく17時頃に帰宅。妻はまだ歩くのもやっとだし、その頃には私もかなり熱っぽく体もだるくなっていたものの、とりあえず一息つこうと、部屋着に着替えて、娘たちの様子を義母に聞きかけたそのタイミングで、今度は玲ちゃんが嘔吐........

手足に力が入らず、熱はあるんだろうけど、まずは玲を休日夜間診療所へ。妻は付き添える状態でないので、義母に付き添いをお願いして、道中を急ぐも、日曜の夕方で渋滞も手伝い帰宅は19時前。診断はやはり同様。明日には下痢が出るだろうとのこと。

仕方なく家族全員その日は20時頃に就寝。家事には全く手をつけず。
私はというと、その夜高熱にうなされたものの、嘔吐や下痢はなく、昨日仕事を休んで、玲を病院に連れて行ったり、たまった家事も手伝いつつ、とりあえずは回復。妻と玲はまだ復調せずですが。

いやしかし、全員というのはきつかったです。それも安もんのドラマか漫画か?ってくらいのタイミングで、一人ずつ倒れるもんだから、余計にしんどすぎて、笑いそうでした。
あながち、ドラマなんかのこういう演出は、嘘でもないんやなぁと感心した週末でした。ってこんだけ書いてそれかいな。

やっぱこれだね

行ってきました、弾き語ってきました。結婚式の二次会。

今回は音楽的には、ごく普通の方々なので、
恥ずかしいくらいベタベタに「セロリ」と「バンザイ」の2曲で。

で、結果はというと、
「そうそう、これこそ結婚式の余興の雰囲気やん」
てな感じで、勝手に手拍子してくれるし、勝手に歌ってくれるし、
下手なMCにウケてくれるしと、いっぱい間違ったけど、楽しく演れました。

選曲もこういう場では、やっぱり王道が良いんでしょうねぇ。
ああ楽しかった。これやで、これ。

私で良ければ、呼ばれりゃ何処でも行きますよ~。

いかん

週末の友人の結婚式を前にして、風邪なのかノドの痛みがなかなか良くならない。
これで、歌えるんやろうか?

昨日、一昨日と気合いを入れて書きすぎたかな…

翌週はライブやし、今日は早く寝ようっと。

続・幼児殺害事件と社会の歪み

今日も引き続きくどくどと。

近頃の凶悪な事件のニュースに触れるにつけ、なんでこんな犯罪が増えてきたのかと、考えを巡らすと、昨日書いたような日本社会の変化ともうひとつ、食文化の変化も一因だと思います。全く私感ですが「ジャンクフードは人格を破壊する」と思うんですよ。

これも困ったことにアメリカ発ですね~。
もともとパン食が広まったのも、アメリカで余った小麦粉を売りつけて消費させるために、給食に導入したり、「コメよりパンを食べましょう」みたいな風潮に誘導したせいらしいので、今のBSEにしろ、つくづく日本人の胃袋はアメリカのご都合次第なんですかね~。

で、数回の旅行で判断するのもアレですが、アメリカの食事は日本人の口には合いませんよね~。全体的に大味で、分かりやすい味付けが多い。
「塩味ぃ~」とか「ケチャップぅ~」とか「砂糖ぉ~」とかね。それでかつ濃くて、量が多い。体に良いはずがない。でも、こういった食文化と所謂アメリカ人の「楽天的」「はっきりした」「好戦的」といった性格とは因果関係があるように思えてなりません。

日本人も近頃よくキレる人が多いんですよね。必ずそうなるとは言わないまでも、自分の身の回りの人たちで考えても、キレやすかったり、攻撃的だったりという人は、ジャンクフードや、外食中心の食生活というイメージがあります。逆に穏やかな人は、日本食中心の食事というイメージじゃないですか?(ちなみにここで言う日本食は、家庭料理的な意味で、和食オンリーということではありません)

なら、日本食なら良いかというと、そうはいかないのが今の日本。
化学調味料という曲者さんがおるわけです。料理人の方に教えてもらったのですが、化学調味料は特に温かい料理で瞬間的においしいと感じさせられる調味料なんだそうです。ただし、どの料理に使っても全部化学調味料の味になってしまう。慣れるほどに使用量は増え、味覚異常になりかねない。

和食なんかは特に薄味で、素材そのものが持つ味を引き出す味付けですよね。四季があり、折々の季節の食材を食することで、季節を口でも味わうのが日本人です。だからこそ感受性豊かな繊細なお国柄だったんではなかったんですかね?

我が家も出来る限り化学調味料を使わないようにしてますが、粉末ガラスープとか、ポン酢とかには入ってるので、ゼロではないんですよね。悔しいんですけど。で、もちろん外食となれば、量の多少はあれ、使わない飲食店ごくわずか。使わなければ、料理人の腕がモロに出ますからね、仕方ないですね。でもたくさん入れられると、口の中がピリピリするんですよね~。皆さんはそんな経験ありませんか?

ところで、田舎育ちの子供と、都会育ちの子供では、色を表現することに差が出るらしいです。つまり、自然の少ない機械的な色に囲まれる都会とは違い、自然の中で育った子供は、例えば緑ひとつとっても、黄みがかったり、青みがかったり、濃かったり、薄かったり、数え切れない緑に自然と触れて育つのですが、都会ではそうはいかない。
食べ物もそうです。素材ごとに味が違うのは勿論、同じ素材でも甘かったり、苦かったりと色々。

そんな色んな景色や色や味を経験させてやるのが、親の責務だと思ってます。そうして愛情豊かに育てれば、情緒や感受性豊かな子供になる可能性は高くなるのではないでしょうか。無感動や無気力な子供にしないためにも、リスクは出来る限り避けたい。親ならそう思うはず。しかし現実は…

食の安全性となれば、国産・外国産等々書ききれないので、そこまで書きませんが、まずは、自分の家族から出来る限りのことをしたいと思います。そう思う人が増えればもう少し色々変わると思うんですけどね。

長々と読んで下さった方、ありがとうございます。
要は、日本をアメリカにしちゃいけない。日本人は日本人らしくあらねば、ということでして。
ちなみに色々アメリカの悪口を書きましたが、アメリカの音楽は大好きなんですけどね。

幼児殺害事件と社会の歪み

残念なことに悲しい事件が続いていますね。
二人の娘の父親としては、事件の報道を見聞きすることすら不快に感じる、本当に悲しい事件です。
もし自分が被害者の親ならどうするかなんて、俗な問いですが、想像することすら嫌ですね。そんなことを聞く人は多分子供がいない人なんでしょう。

昨日も妻と、「えらい時代やなぁ」「うちの子らが幼稚園、小学校に行くようになったら、どうしたらええんやろう?」てな話をしてたのですが、
ワイドショーか何かで、コメンテータか専門家か知りませんが、「日本全ての小学生は、スクールバスで登校させるべきです。行政でバスを購入して、その体制を早急に作らねば。」と言っていたそうです。

何を考えているんでしょうか?勘違いも甚だしい。
ま、どんな前後のいきさつで、どんな意図で言ってるのか知りませんけれどね。
それって例えば、激太りして「持ってる服全部きつくなったわ~」などと言っている友人に、「もっと大きいサイズの服買わなあかんで~」と言っているに等しいわけで。

普通の方なら分かりますよね。
今回の事件で、子供の安全をいかに守るかは確かに重要な問題ですが、対処療法的、場当たり的な対策では、「じゃあ登下校以外はどうするの?」「子供たちだけで遊んでる時は?」などとエスカレートするだけで、最後には「子供は24時間常に誰かの保護監視下にあるべし」みたいな事にもなりかねない。悪いのは犯人ですよ。

私たちが子供の頃って、今の子供たち以上に危ないことをいっぱいしてた様な気がしますが、こんな事件ってそう無かったですよね。(ちなみに私は32歳)
それというのも、近所の目というか、その地域全体が犯罪や事故を防止する役目を担っていたのではないかと思います。俗に言えば「おせっかい」ですかね。
私の子供の頃でも、田舎だったせいか、近所には気軽に声をかけてくれ、悪いことをしたら叱られる「おせっかい」な大人たちが沢山いました。そんな目を気にしつつ、また盗みつつ遊んでたわけですが。(^^;)
そんな地域であれば、不審者がいれば「何かご用ですか?」の一言でもかけて、ひょっとすると犯罪を未然に防いでいたのかなと。
確かに現在ではその声掛けすら危険なのかも知れませんが、私を含め「近所、周囲への無関心」がこういった犯罪の一因とも言えそうです。

もちろん一番悪いのは犯人ですから、じゃあなぜこんな凶悪な犯罪者が増えているのか?
よく言われるのは、社会の閉塞感とか、将来への不安とかですが、よく考えれば戦後ずっと疑うことなく「アメリカ」を受け入れてきたことにも原因を見つけられると思います。

バブル期以前ぐらいまでは、「日本的経営」がもてはやされるほど、まだ日本人は、アメリカ式を受け入れても、自らの文化と融合させる能力、努力を失っていなかったと思います。
しかしそれ以降はどうでしょう。「グローバルスタンダード」がもてはやされたことだけでも、簡単に分かります。だって、「地球標準」=「アメリカ」に疑いがないのは日本人ぐらいでしょ。
そんなアメリカ的資本主義に染まるから、中流家庭なくなって、両極端に二分化されつつあるわけですよ。多分。

先のコメンテータさんは「アメリカでは全てスクールバスです!」とも言ってたらしいですが、それは治安が悪く地域ではどうにも対処できなくて、子供を守るためにそうせざるを得ないからだと思うんですが、日本もそんな国にしたいんですかね。家の外は危険だから拳銃所持を認めろなんて頼むから言わないで下さいね。って感じですわ。こんなコメントを出す人を使うTV局も同罪ですな。

それと、ってまだあるんですけど、長くなったので今日はこの辺で~。
長文失礼!

アコギ

アルカリムッシュのレコーディング用に使えるアコギを探していて、
昨日、Simon & Patrickというメーカーのギターを借りてきました。

カナダのギターで、ボディトップはシダー。杉ですな。
弾いてみた印象は、かなり古い弦ながら、各弦のバランスも良いし、
音質も暖かめで、アコギらしいいい感じ。

ネットで見ると定価63,000-也!安い!
年数は経ってそうなので、現行モデルとは違うかもですが
これでこの音なら、かなりびっくり。

アコギというと、10年前くらいに入手した、オベーションしかなくて、
当時はそれで良かったんですけど、オベーションはオベーションの音しかしないので、アコギの音が欲しい時には全く使えない(泣)
で、いいのが欲しいなぁとは思えども、アコギはド素人なので、何が良いのかも分からんし、何より、音がでかくて家で弾けない!

というわけで、アコギから遠ざかってしまっているのですが、
一戸建て建てたら買おうかなぁ。
Simon & PatrickならPU付きでも10万しないから、何とかなりそうやし。
でも、ちゃんと鳴らせるようになってからやないと、勿体ないか。

我が機材たち

日々のネタも尽きてきたので、機材ネタを。

ここ数年でようやく自分の出したい音が出せるようになってきました。
もちろんギターのウエイトは大きいですが、今日は購入から早10年超、
オールドの域に入りつつある、アンプ。ブギー君です。

50.キャリバーの(50ポイントキャリバーと読みます)コンボ、ハードウッド仕様の「家具調アンプ」。
これがないと、自分の音が出ないというくらい、気に入っております。
学生時代に、今は無き松原木屋町あたりの某楽器屋で、委託販売されておりました。
当時はサークルの先輩から売りつけられた、ハイワットの50Wコンボを使っており、フェンダー系のアンプが欲しいなあと思っていた頃でして、サンタナと言うよりは、ロンウッドのイメージで、試奏してみてびっくり。

歪みチャンネルはさすがにブギーな、西海岸系の明るい歪み。これは弾く前からイメージ通り、実は私が惹かれたのはクリーンのほうでして。
ブギーのクリーンって、イメージが湧かないと思いますが、試奏して思ったのは、フェンダー系なんだけれども、フェンダー系のクリーンよりは近代的で、中域が厚く高域が控えめで、コンプレッションもいい感じ。チューブらしい艶っぽい音がしたんです。
ついつい1時間ぐらい弾き倒して、120,000-から2割引きしてもらい、かつ「ハードケースとかはないんですよね~。」とおねだりしたら、「これつけたげる」と、展示用?に下に敷いていた手製のキャスター付き木製ドダイをゲット。ちなみに現在も使っています。

ほんとはマークⅢが欲しかったんですけど、そんなお金も無いし、ルックスにも惹かれて、銀行でお金をおろして即購入したのでした。

以来、長時間の移動による振動にもめげず、(ノイズは結構出ますが)気持ちいい音を鳴らしてくれています。
一度全部フルテンで鳴らしてみたいと思いながらも、恐くて一度も鳴らしたことはない、ちょっと過保護なカワイイ奴なのでした。

サーチワード

私の拙いブログも開始から2ヶ月を過ぎました。
思ったよりは、いっぱい書いてるなぁ。

で、アクセス解析を付けてるんですが、
ごくたまに検索エンジンから来る方がいらっしゃる。

何でヒットしたのかな~と、たどってみて面白かったのが、
「七五三で父誤算 写真」でした。
最初の頃に書いた「父・誤算」という七五三写真ネタにヒットしてたんですが、
よくそれで検索しはったもんだと、感心しました。

ま、ヒットされる方もされる方で、ベタでしたが。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。